クラミジアの症状

white pills

性病のなかでも、感染率が高く、特に若い人の間では「まん延している」と表現されることもあるクラミジア。性経験の低年齢化が進む中、性病に関する知識もそれほど多くない10代の間で流行しているという状況があって、なかなか嘆かわしい事態になっています。が、クラミジアは放っておくと人の体の中で猛威を振るいますが、クラビットなどの抗菌薬を使えばたちどころに消滅させることができます。クラミジアに罹ってすぐは苦しみますが、すぐに打ち勝つことができるのです。
特に男性の場合は、クラビットをのむべきタイミング、つまりクラミジアに罹ったなとわかる自覚症状が出やすいので、すぐに対処できるでしょう。
もし、ここに挙げる症状で今まさにつらい状況にあるという場合は、クラビットを手に入れて治してしまいましょう。

クラミジアの症状のうち、最も顕著なのは「尿道の痛み」です。男性の尿道はペニスの真ん中を通って先端まで続いていますが、クラミジア菌に冒されると、ペニスの先端部から中ほどまでの尿道が炎症を起こし、膿を出します。ふだんもぬぐいがたい違和感があって頭の片隅ではずーっと「尿道」を意識してしまうことになりますし、排尿の際は身がよじれるほどの痛みに襲われることになります。
だいたい感染してから1週間以内にこのような症状が現れます。たとえば、「そういえば5日前に性行為をしたな」という心当たりがある場合はまずクラミジアに罹ったとみて間違いないでしょう。そんなときは、クラビットの出番です。