耐性菌も倒す

full-color pills

クラビットが属する抗菌薬という薬の種類は、要するに菌に対処することができる薬ということです。地球上にはさまざまな細菌が存在し、その一部は人に対して脅威となります。腸内にある善玉菌など、人とうまく共生している細菌もありますが、クラミジア菌などは共生不可能な暴れん坊です。ハリウッド映画に出てくる侵略目的の宇宙人と同じなのです。やっつけなければいけません。そこで登場するのがクラビット、またジスロマックなどの抗菌薬です。いわば映画に出てくる宇宙船を撃退するためのミサイルということになるでしょう。
病院で、現在より多く使われているのはジスロマックです。ジスロマックはクラミジアに対して効果を持つ抗菌薬のなかでは少ない量でバッチリ菌を倒してくれるという便利なものであり、手っ取り早く治療できるようにということでよく処方されるようになりました。

しかし、あまりにも多く使われているために、クラミジア菌のなかにはまれにジスロマックに対して耐性を持つ奴が現れてきました。
ハリウッド映画でも、最初は効果があったミサイルがやがて効かなくなってしまう、というシーンが出てくることがありますが、まさにあの状況です。
出されたジスロマックを飲んで安心して、しかし一向に痛みが去らなくてまた不安になって検査してみるとクラミジア菌が元気にうようよしている、ということがあります。
そんなとき、活躍するのがクラビットです。クラビットはジスロマックと系統が異なる抗菌薬であり、たとえジスロマックに対する耐性を持っている菌であっても容赦なく撃退することが可能なのです。